×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  企業で研修を受けたい方へ

企業で研修を受けたい方へ

一次産業を通した健活サービスのご案内

~農業・漁業・林業を通して皆様のリフレッシュと共に新たな交流を育む~

社員が心も身体も健康でいる事が会社の継続性を強化する

~都会の喧騒を忘れる異次元体験~

~都会の喧騒を忘れる異次元体験~
~都会の喧騒を忘れる異次元体験~

ミライエfarmの在る処~トトロいるかも?!徳地島地地域とは~

・島根と陸続きな実は広域町

・昔からアユ漁が盛んな豊かな水量と綺麗な湧き水

・町のほぼ中央を佐波川という大きな川が南下しており周囲には
島地川 引谷川 滑川 野谷川が流れており何処も水鳥が多く清水である為川底まで見える

・滑国有林である(山しかないけどうまい事伝えたい)
→降雪時は静かすぎて耳鳴りがするほどを良い表現で表して下さい

・希有の鳥類生息地域

・原生林が多い

行動科学療法で人生100年時代を健やかに乗り切る
自然が人間の精神に与える影響とは

行動科学療法で人生100年時代を健やかに乗り切る自然が人間の精神に与える影響とは

①幸福度を高める(副交感神経活動が活性化)

②癒し効果(ストレスホルモンの減少)

「都会あるある」ストレス症状からの慢性的な症状

ストレスが原因と考えられている病気はガンや高血圧、心筋梗塞、うつ病や更年期障害、不眠症や肩こり腰痛など多岐に渡ります。

「都会あるある」ストレス症状からの慢性的な症状
リラックスできない事が原因の慢性的な肩こり
「都会あるある」ストレス症状からの慢性的な症状
騒音による不眠
「都会あるある」ストレス症状からの慢性的な症状

ストレスで体が緊張していると、体液や血液の循環が乱れて病気の原因となります。

身体への効果と現象

身体への効果と現象

「目」「目が疲れたら緑を見る」と聞いた事がある方が多いかと思います。理由は緑色にはリラックス効果があり、副交感神経を活性化する事からストレスが軽減し、張り詰めた筋肉のゆるみにつながります視覚的に自然を親しむことでもα波が引き出されます。月明かりには浄化作用があるほか、太陽の光でも脳は活性化されます。季節の花や青空を眺めることもおすすめです。

「耳」森には1/fゆらぎという心臓音によく似た独特のリズムが流れており、高周波が脳を活性化してリラックスさせる効果があります。また希有の鳥類生息地である事から朝から聞こえるのは沢山の鳥の声と風にそよぐ木々の声です。これらも癒しに繋がります。

「鼻」徳地は原生林が多く、独特の香りがします。またα波効果を嗅覚で感じる事が可能でストレスを沈める効果、そして脳の活性化を促して体の免疫力を高め、病気を予防する効果も確認されています。

つまり、α波が多く出る状態に誘導しその状態を維持すると、心身ともに良い影響を得られるのです。

超田舎でα波を浴び続ける事の効果効能

α波にはストレスを沈める効果、そして脳の活性化を促して体の免疫力を高め、病気を予防する効果も確認されています。つまり、α波が多く出る状態に誘導しその状態を維持すると、心身ともに良い影響を得られるのです。
また、細胞活性化による老化防止や、集中しやすくなり記憶力・想像力アップの効果も得られます。そのため最近では、多くのオリンピック選手やプロスポーツマンにα波トレーニングが取り入れられています。
潜在能力を開発し本番に強い集中力を養えるのです。また、妊娠中にα波が発生しやすい音楽を聴くことで母子共にリラックスし、赤ちゃんの成長にも良い影響を与えるといわれています。

超田舎でα波を浴び続ける事の効果効能

自然を体感する事の重要性

外で遊び、自然とふれあいながら育つ環境が急激に減少している。

例えば、川や海で泳いだことのない子どもの割合は、平成7年には10%であったが、平成17年には26%にまで急上昇している。
子どもを取り巻く環境も悪化しており、図1に示すように、子どもたちが外で遊ぶ事ができる緑地空間が減少している。
その結果、子供のみでなく大人も自然環境について関心を失うようになった。

つまり、堤防やダムなどの施設の整備によって洪水被害が減少し、道路が生活の中心となって人々の関心が河川から離れ、人工物に囲まれた生活となり、我が国独自の水循環を中心とした文化が喪失して河川と付き合う知恵が伝承されなくなった。

その結果、自然の脅威に対応し、生き抜く能力の喪失など、人間が有すべき 能力の退化が顕著になったというのが、戦後の 我が国の社会に起きた現象である。また自然体験の場と体験の減少、人工物空間・仮想空間の増加、その結果として正義感・道徳観・学習意欲などの低下、孤独感の増大が生じている。

災害疑似体験、参加型ワークショップ、子どもの自然体験は有効であり、初等・中等教育において、災害に対する基本的知識や対応の仕方を教えることが基本となる。今 回の大津波災害においても、津波に対する基 本知識や対応の仕方を日ごろから教育していた釜石市では、「釜石の奇跡」と呼ばれる小中学生の避難が行われ、学校にいた生徒が全員 助かった。

初等・中等教育における災害教育の重要性を改めて認識させた。

自然外力と社会が変容する中で、これまでのように経済発展に支えられた力任せの災害対策は困難であり、教育・啓発が重要となる。

自然を体感する事の重要性
※会社の目の前の実際の風景です